ぽたり途中で茶の旅

〜 ゆっくりポタリングとお茶しましょう。追い抜く際は右側を 〜

青春を感じる先輩カップルのランドナー

先日、とあるサイクリングロードを走っていたら、道の横のスペースで60代以上に見える先輩カップルが休んでいらっしゃった。かなり仲の良さそうなというか、視界に捕らえてから通過するまでの短い時間だったが、あれはまさに青春という感じに見えた。

f:id:cure_researcher:20211115062840j:image

人によっては良い歳をした大人が…と言われそうなくらい。自分も前方の視野に入った時には、え?と思った。言い方は悪いが体型的にスマートな感じでもないシルバーなカップルがどう見ても青春という感じでいたから。なんというか、普通なら恥ずかしくて自制するだろうと思える感じだったから。しかしそばに止めてあった自転車を見て、瞬間的に納得した。懐かしい色のランドナーが2台。あざとさを感じない色のランドナー、そうそう、そういうのが良いのです。

通り過ぎるのは一瞬だったので当時のものか最近のものかは分からなかったが、色はまさに当時を思い起こさせる色目だった。懐かしい!と本能的に思分かるほどのものだった。ステンレスでは無いピカピカしない泥除けを確認してソレソレとなった。あのカップルは、青春をやり直しているのか青春の続きをしているのだろうなと。とはいえ、やはり学生がするようなことをプラス半世紀ほどの年齢の方々がするのは、突然見るとえっ?と思ってしまう。しかしやりたいことをやりたいようにやることができるのは良いことだと思う。特に、青春の続きではなく、青春のやり直しだったのなら、今ようやくできたというのなら、思う存分楽しむのが正解だしすべきで、それができるあのカップルは羨ましい。

あのランドナーは、2台とも当時のものだったのだろうか。そうならばあの二人がどのような人生を歩んできたのかと思ってしまう。青春時代からの知り合いか。そうならば出会ってずっと一緒なのか、一度別れて再開したのか。知り合ったのは最近か、そうならばなぜ二人とも良い感じのランドナーに乗っているのか。あそこまで来るのは一緒に来たのか待ち合わせたのか。家から一緒に出たのか別の家から出発してどこかで待ち合わせあそこまで来たのか。そもそも青春時代当時も二人はランドナーに乗っていたのか。昔はランドナーに乗っていたにしても今は車でドライブでも良いのに何故自転車なのか。とにかく気になることは沢山ある。別に街中を歩いたり買い物で店の中にいても、あの程度に仲の良い先輩カップルは珍しくはない。ならば何故これほどまでにあのカップルのことが気になるのか。それは単に、あのカップルが二人ともランドナーに乗っていたからなのだろうな。