ぽたり途中で茶の旅

〜 ゆっくりポタリングとお茶しましょう。追い抜く際は右側を 〜

鏡開き

f:id:cure_researcher:20220111154904j:image

今日は鏡開きの日です。

実際は鏡餅を切る訳ではなくて、まさに開くという言葉にふさわしい行事です。

こんな感じで下のフイルムを開いて餅を取り出すのですから。

f:id:cure_researcher:20220111154921j:image

この鏡餅、スーパーで購入したのですが、一夜飾りを避ける意図からでしょうが、12/30の価格はそれまでと同じくらいのようでしたが、その午後から値崩れが始まっていました。12/30はガクッと下がって多分、スーパーとしては売り尽くし価格にしていました。残っていてもどうしようもないものですから。

しかしそれで終わりませんでした。スーパーでは、年明けも売っていました。もう大きな鏡餅も100円でした。小さいのは数十円の世界です。投げ売り極まれりです。元々の値は数百、千円、二千円というものが、9割引以上となるのは毎年恒例行事です。ただ、やはり一夜飾りを避けた方がという、ある意味非合理的理由から、12/31以降に買うということはできず、高めの価格で買いました。ただ、あまりに安いので、年明けに追加購入しようかとも一瞬思いましたが、小さい餅が10個入った鏡餅を買っていたので、これで鏡開きのイベントには十分というかこれでさえ余るので、結局どんなに安いと思っても手が伸びませんでした。まあ、通常食べる餅ストックと考えれば良いかもですが。

そもそも合理的に考えれば鏡餅を買う理由はないですからね。買うということは、非合理的でも迷信的であっても一夜飾りを避ける行為は必要ですね。

とはいえ、仏教でも浄土真宗では一夜限りでも良いということで、まあ、なんというか、やはり個人の考え方で良いのではということですね。正月明けたら神社に初詣に行くのですから、仏教の宗派の考えに囚われる必要もないと思いますし。

今日は寒いので、昼に歩いて買い物に出掛けた以外は家にいます。ウォーキングとも言え無い程度の外出でした。必要最低限の歩行という感じ。

開いたお餅は夕食後のお汁粉にする予定です。